海外農業技術セミナー / 酪農学園大学SDGsセミナー

持続可能な農業とは 〜気候危機と生物多様性の喪失〜

開催概要

日時
2022年222日(火) 09:00~12:00(日本時間)
会場
会場参加:酪農学園大学 C1号館1階 101(北海道江別市文京台緑町582)
オンライン参加:Zoomウェビナーでの配信
参加対象
どなたでもご参加いただけます。講演は英語(日本語字幕)となります。
定員(先着順)
会場参加:150名
オンライン参加:500名
参加費
無料
参加方法
下記フォームより申し込み(フォームへ
締切
2022年2月15日
プログラム

2022年2月22日

09:00-09:20
開会の挨拶

北海道アルバータ酪農科学技術交流協会会長・学校法人酪農学園理事長
Director of Hokkaido-Alberta Dairy Science and Technique Exchange Association, Chairperson of the Board of Trustees, Rakuno Gakuen
谷山 弘行
Dr. Hiroyuki Taniyama

国際連合生物多様性条約(CBD)事務局長
Executive Secretary of the Convention on Biological Diversity, United Nations
エリザベス・マルマ・ムレマ
Ms. Elizabeth Maruma Mrema

09:20- 9:50
基調講演

持続可能な農業 ~生物多様性と気候危機とのつながり~

国際連合食糧農業機関(FAO)気候変動・生物多様性・環境局 生物多様性担当部長
Secretary of the Commission on Genetic Resources for Food and Agriculture, Office of Climate Change, Biodiversity and Environment, FAO, United Nations
イレーナ・ホフマン
Dr. Irene Hoffman
10:00-11:10
テーマ別講演会

(1) “Response of wheat and barley crop yields to climate change using process-based modeling in agricultural lands of Canadian Prairies.”
気候変動下で小麦・大麦の収穫量はどう変化するか?
~カナダにおける収量変化を予測する~

アルバータ大学理学部地球大気科学科 准教授
Associate Professor, Department of Earth and Atmospheric Sciences, Faculty of Science, University of Alberta
モニレ・ファラマーズィ博士
Dr. Monireh Faramarzi

(2) “Social and organizational dimensions of climate change mitigation among Alberta farmers.”
気候危機への対応における社会的な障壁と実現可能性
~アルバータ州の農家での実例をもとに~

アルバータ大学農業・生命・環境科学部 教授
Professor, Department of Resource Economics & Environmental Sociology, Faculty of Agricultural, Life and Environmental Sciences, University of Alberta
デブラ・デイビッドソン博士
Dr. Debra Davidson
11:20-11:50
質疑応答
11:50-12:00
閉会

酪農学園大学学長
President of Rakuno Gakuen University
堂地 修
Dr. Osamu Dochi

主催

事務局

酪農学園社会連携センター

https://exc.rakuno.ac.jp/  exc-alt@rakuno.ac.jp

Overseas Agricultural Technique Seminar

Sustainable Agriculture in the Age of Climate and Biodiversity Crises

Overview

Date & Time
February 22, 2022(Tue) 09:00-12:00 (JST)
On-site venue
Visitor : Room 101, 1F, C1 Building, Rakuno Gakuen University, Ebetsu City, Hokkaido, Japan
Online : Webinar (Zoom)
Participants
Anyone (Japanese subtitles)
Capacity
Visitor : 150 persons (first come, first served basis)
Online : 500 persons (first come, first served basis)
Entry fee
Free
Application
Apply from the application form below(Application Form
Deadline
February 15, 2022
Provisional Agenda

February 22, 2022

09:00-09:20
Opening remarks

Dr. Hiroyuki Taniyama
Director of Hokkaido-Alberta Dairy Science and Technique Exchange Association, Chairperson of the Board of Trustees, Rakuno Gakuen

Ms. Elizabeth Maruma Mrema
Executive Secretary of the Convention on Biological Diversity, United Nations

09:20- 9:50
Keynotes

Sustainable Agriculture – linkages with biodiversity and climate change

Dr. Irene Hoffman
Secretary of the Commission on Genetic Resources for Food and Agriculture, Office of Climate Change, Biodiversity and Environment, FAO, United Nations
10:00-11:10
Thematic lectures

(1) “Response of wheat and barley crop yields to climate change using process-based modeling in agricultural lands of Canadian Prairies.”

Dr. Monireh Faramarzi
Associate Professor, Department of Earth and Atmospheric Sciences, Faculty of Science, University of Alberta

(2) “Social and organizational dimensions of climate change mitigation among Alberta farmers.”

Dr. Debra Davidson
Professor, Department of Resource Economics & Environmental Sociology, Faculty of Agricultural, Life and Environmental Sciences, University of Alberta
11:20-11:50
Questions and comments from audience
11:50-12:00
Closing and future directions

Dr. Osamu Dochi
President of Rakuno Gakuen University

Organizers

Seminar Secretariat

Extension Center, Rakuno Gakuen University

https://exc.rakuno.ac.jp/  exc-alt@rakuno.ac.jp

年度テーマ講師テキスト在庫
2017 カナダにおける乳牛のゲノム評価とOPU‐IVFの現状 パトリック・ブロンディン博士
(カナダ・シーメックス社 生殖研究及び経営部門副責任者)
PDF
DL数:942
2015 ショウカウをより美しくみせるためには ブロイス・トンプソン氏
(カナダプリンスエドワード島 酪農家)
×
2012 乳牛改良におけるジェノミック・パワー デビッド・チャラック博士
(ロッキーマウンテン・ホルスタイン社長)
PDF
DL数:304
2011 優秀な乳牛をどう管理すれば最大の利益をもたらすか カラム・マッキンベン氏
(ルックアウト・ホルスタイン牧場主)
PDF
DL数:145
2010 私の酪農経営と乳牛改良の戦略 デイビッド・クラック氏
(クラックホルム・ホルスタイン牧場主)
PDF
DL数:344
×
2009 牛から卵子まで -繁殖機能を超音波画像に映し出す- グレッグ・アダムス教授
(サスカチュワン大学獣医学部)
PDF
DL数:489
2008 コスト高騰時代における酪農新戦略 マイク・サウスウッド氏
(アルバータミルク)
PDF
DL数:303
2007 高泌乳達成のための飼養管理 デイヴィッド・クリステンセン氏
(サスカチュワン大学)
PDF
DL数:409
2006 デザイナーズ・ミルク 次世代高機能ミルクへの可能性 ジョン・ケネリー氏
(アルバータ大学農業・食品・栄養科学科)
PDF
DL数:753
×
2005 高泌乳牛の栄養管理の実際 韓国酪農の現状と将来 久米 新一氏(京都大学大学院)
張 敬萬氏(韓国 国立韓京大学校)
PDF
DL数:190
2004 高泌乳牛における受胎性と繁殖管理 ルーベン・メイプルトフト氏
(サスカチュワン大学獣医学部)
PDF
DL数:676
2003 肢蹄の構造と歩行との関係を知る
乳牛の繁殖能力における重要な要素を知る
ゴードン・アトキンス氏
(アトキンス獣医診療所)
PDF
DL数:470
2002 乳牛の栄養管理と疾病予防 デビッド・ハミルトン氏
(モーデン動物病院)
PDF
DL数:1220
×
2001 乳質、乳房炎と搾乳管理 ピエール・レベスク氏
(ポカティエール農業技術大学)
PDF
DL数:260
×

※ 在庫のあるテーマのテキストをご希望の方は協会までご連絡ください