海外農業技術セミナー

北米におけるウシのゲノミック評価と受精卵移植技術の現状およびOPU-IVF技術への期待

セミナーアーカイブ /
Archive of the entire seminar

2023年6月24日(土)海外農業技術セミナーを開催致しました。
当日の様子をアーカイブよりご視聴出来ます。是非ご覧くださいませ。

日時
2023年624日(土) 13:00~16:00(日本時間)
開催方法
対面とオンラインのハイブリッド
通訳
逐次通訳
会場
酪農学園大学中央館1階 学生ホール
参加方法
下記フォームより申し込み(フォームへ
締め切り
2023年6月17日(土)
※Zoom配信URLは6月21日にメール送信致します。

概要

牛ではゲノミック評価と生体卵子吸引技術(OPU,Ovum Pick Up)と体外受精技術(IVF, In Vitoro Fertilization)を組み合わせた受精卵生産(OPU-IVF法)により効率的な育種改良が行われています。特に北米はゲノミック評価およびOPU-IVF法を応用した牛の育種改良技術が最も進んだ地域のひとつです。本セミナーでは、2017年に開催した海外農場技術セミナー「カナダにおける乳牛のゲノム評価とOPU-IVFの現状-The present situation of Genomic evaluation and OPU-IVF in dairy cattle in Canada」に続いて、牛の育種改良におけるゲノミック評価と受精卵移植技術の応用に関するセミナーを開催いたします。今回は、この分野のリーディングカンパニーである米国・アイオワ州のTrans Ova Genetics社の営業本部長であるブランドン ピーターソン氏と同社の国際事業開発マネージャーであるPJ・バドラー氏に「北米におけるウシのゲノミック評価と受精卵移植技術の現状およびOPU-IVF技術への期待」と題して話題提供していただきます。多くの方々のご参加をお待ちしております。

講演者

トランス オバ ジェネティクス社
(アメリカ アイオワ州スー・センター)
ブランドン・ピーターソン氏
 営業本部長

ブランドン・ピーターソン氏はサウスダコタ州南東部の多角経営の畜産農場出身。2000年サウスダコタ州立大学卒業後はLand O Lakes/Farmland FeedsとHubbard Feedsに勤務し、個人コンサルタントとして飼料業界に携わる。またHydro Green Global Technologiesのビジネス開発ディレクターを務め、米国西部および南西部での肉牛の繁殖農家および酪農家の経営に携わってきた。現在はTrans Ova Genetics社の営業本部長として、同社の高度な生殖技術による牛肉・乳製品分野へのインパクトを国内外に発信するため、営業チームを率いている。また250頭のアンガス牛(純粋種)を飼育するPeterson Angusのオーナー兼マネージャーでもある。妻と2人の息子と、サウスダコタ州アルセスター近郊在住。

トランス オバ ジェネティクス社
(アメリカ アイオワ州スー・センター)
PJ・バドラー氏
 国際事業開発マネージャー

PJバドラー氏は南アフリカで5代続く肉牛農家で育つ。15歳の時にBonHaven Beef Cattleを設立し、1996年から2021年にかけてBonHavenをアフリカ南部3か国5か所に拡大する。ヘレフォード、アンガス、レッドアンガス、ブラフォード、ブラフマンの牛群は数々のナショナルショーで優勝し、アフリカ大陸でのオークション記録を打ち立てた。2012年アメリカのテキサス州に移り、Trans Ova Genetics社の国際ビジネスマネージャーを務めている。毎年開催される「チャンピオン・オブ・ザ・ワールド」コンテストの運営、共進会の審査、イベントでの講演、牛のコンサルティングなどでこれまでにアメリカ48州、106か国を訪問している。43か国で85種類の牛の審査を行い、2017年、6大陸全てでナショナルショーの審査を行った史上初の審査員となった。

申し込みフォーム

申し込みは終了いたしました。

主催

事務局

酪農学園社会連携センター

https://exc.rakuno.ac.jp/  exc-alt@rakuno.ac.jp

Overseas Agricultural Technique Seminar

Current status of Bovine Genomic Evaluation and Embryo Transfer Technology and Expectations for OPU-IVF Technology in North America

Overview

Date & Time
June 24, 2023 (Sat)  13:00-16:00 (JST)
On-site venue
Visitor : Student Hall, 1F, Central Building, Rakuno Gakuen University, Ebetsu City, Hokkaido, Japan
Online : Webinar (Zoom)
Translation
Consecutive interpretation
Application
Apply from the application form below(Application Form
Deadline
June 17, 2023 (Sat)
The Zoom streaming URL will be sent via email on June 21.

Outline

Efficient genetic improvement in cattle breeding is being achieved through the combination of genomic evaluation and reproductive technologies such as Ovum Pick-Up (OPU) and In Vitro Fertilization (IVF). North America is one of the most advanced regions in cattle breeding improvement technology using genomic assessment and the OPU-IVF method in particular.
Following the Overseas Agriculture Technic Seminar held in 2017 titled "The present situation of Genomic evaluation and OPU-IVF in dairy cattle in Canada," we will organize a seminar focusing on the application of genomic evaluation and embryo transfer techniques in genetic improvement in cattle breeding. In this seminar, Mr. Brandon Peterson, Director of Sales Manager, and Mr. PJ Budler, International Business Development Manager, Trans Ova Genetics, Iowa, USA, a leading company in this field, will discuss Current status of Bovine Genomic Evaluation and Embryo Transfer Technology and Expectations for OPU-IVF Technology in North America. We look forward to seeing many of you at the seminar.

Speaker

Mr. Brandon Peterson
Director of Sales
Trans Ova Genetics

Mr. Brandon Peterson grew up on a diversified livestock farm in Southeast South Dakota. He graduated from South Dakota State University in 2000 with a degree in Animal Science. Upon graduation, Brandon worked for Land O Lakes/Farmland Feeds and Hubbard Feeds, and also served in the feed industry as a private consultant.
Brandon has also served as the Director of Business Development for HydroGreen Global Technologies and worked with cow/calf and dairy operations in the West and Southwestern portion of the United States.
Currently, Brandon is the Director of Sales at Trans Ova Genetics where he leads a sales team to continue Trans Ova’s impact of advanced reproductive technologies on the beef and dairy sectors, both domestically and internationally.
Brandon is also the owner and manager of Peterson Angus, a 250 head registered Angus operation.
He lives near Alcester, South Dakota with his wife Becky and his two sons, Blake and Brady.

Mr. PJ Budler
International Business Development Manager
Trans Ova Genetics

Mr. PJ Budler was raised on a 5th generation cattle operation in South Africa. At age 15 he founded BonHaven Beef Cattle. Between 1996 and 2012 he grew BonHaven to 5 locations in 3 Southern African countries. The Hereford, Angus, Red Angus, Braford and Brahman herds achieved much success winning numerous National Shows and setting auction records on the continent.
In 2012, PJ relocated to Texas, USA, where he is the International Business Manager for Trans Ova Genetics. This position, together with running the annual “Champion of the World” Competition, judging shows, speaking at events and doing cattle consulting has taken him to 48 US states and 106 different countries thus far.
He has judged 85 different cattle breeds in 43 countries. In 2017 PJ became the first ever cattle judge to judge a National Show on all 6 continents.

Application Form

Registration has closed.

Organizers

Seminar Secretariat

Extension Center, Rakuno Gakuen University

https://exc.rakuno.ac.jp/  exc-alt@rakuno.ac.jp

年度テーマ講師テキスト在庫
2017 カナダにおける乳牛のゲノム評価とOPU‐IVFの現状 パトリック・ブロンディン博士
(カナダ・シーメックス社 生殖研究及び経営部門副責任者)
PDF
DL数:3221
2015 ショウカウをより美しくみせるためには ブロイス・トンプソン氏
(カナダプリンスエドワード島 酪農家)
×
2012 乳牛改良におけるジェノミック・パワー デビッド・チャラック博士
(ロッキーマウンテン・ホルスタイン社長)
PDF
DL数:893
2011 優秀な乳牛をどう管理すれば最大の利益をもたらすか カラム・マッキンベン氏
(ルックアウト・ホルスタイン牧場主)
PDF
DL数:575
2010 私の酪農経営と乳牛改良の戦略 デイビッド・クラック氏
(クラックホルム・ホルスタイン牧場主)
PDF
DL数:1506
×
2009 牛から卵子まで -繁殖機能を超音波画像に映し出す- グレッグ・アダムス教授
(サスカチュワン大学獣医学部)
PDF
DL数:1358
2008 コスト高騰時代における酪農新戦略 マイク・サウスウッド氏
(アルバータミルク)
PDF
DL数:696
2007 高泌乳達成のための飼養管理 デイヴィッド・クリステンセン氏
(サスカチュワン大学)
PDF
DL数:1634
2006 デザイナーズ・ミルク 次世代高機能ミルクへの可能性 ジョン・ケネリー氏
(アルバータ大学農業・食品・栄養科学科)
PDF
DL数:2286
×
2005 高泌乳牛の栄養管理の実際 韓国酪農の現状と将来 久米 新一氏(京都大学大学院)
張 敬萬氏(韓国 国立韓京大学校)
PDF
DL数:517
2004 高泌乳牛における受胎性と繁殖管理 ルーベン・メイプルトフト氏
(サスカチュワン大学獣医学部)
PDF
DL数:2069
2003 肢蹄の構造と歩行との関係を知る
乳牛の繁殖能力における重要な要素を知る
ゴードン・アトキンス氏
(アトキンス獣医診療所)
PDF
DL数:1475
2002 乳牛の栄養管理と疾病予防 デビッド・ハミルトン氏
(モーデン動物病院)
PDF
DL数:4617
×
2001 乳質、乳房炎と搾乳管理 ピエール・レベスク氏
(ポカティエール農業技術大学)
PDF
DL数:750
×

※ 在庫のあるテーマのテキストをご希望の方は協会までご連絡ください